Off

保育士はこんなにやりがいがある仕事だった!

by admin on 2015年4月24日

保育士ってどんな仕事?

保育士とは国家資格を必要とする仕事のことで、仕事内容は、0歳から6歳までの幼児を預かり、保護者に変わって身の回りのお世話をする仕事となっています。保育士は小さな子どもたちの相手をすることから、体力が必要となる仕事となっています。小さなころから成長を見ることができるのも保育士ならではであり、子どもたちが成長してゆく過程をみて卒園していくまで見守れるのが保育士ならではで、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

保育士の資格はどうやってとるの?

保育士の国家資格を取得するためにはどうしたらよいのでしょうか。厚生労働省の指定している大学・専門学校・短大などに通い、学科の他に実習へ出向き子どもたちとの触れ合い方について学ぶことができるのです。保育士資格を習得できる学科を卒業することで国家資格を取得できる試験を受けることができるのです。国家資格は毎年1度行われており、都道府県各地で受けることができるのです。国家試験の内容は各科目50点満点で採点することとなっており、6割以上の点数がとれると合格となるので、合格へは何度も大切なポイントを見直す必要がありますね。

保育士として大切なことは?

保育士は子どもたちと触れ合い、保護者に変わり子育てのサポートを行う仕事となります。そのため、子どもが好きということが1番大切となりますね。子どもと遊ぶ・身の回りの世話をする・寝かせるなど様々なことをすることから体力がとても必要な仕事となっているのです。しかし毎日すくすくと育っていく子どもたちを一番近くでみられるのが保育士であり、その成長を毎日身近に感じられるのも保育士なのです。保育士は体力勝負であるため、日頃の体調管理に気を付けるほか、常に体力をつけてゆくことが大切ですね。

現在、国の政策で保育所を運営する為に補助金などがでるようになり東京の待機児童を減らす為に保育所が増えてきています。その為に保育士の求人なら東京で数多くの求人が出ています。仕事場が沢山あるため自分に合った場所を選ぶ事が出来ます。

Comments are closed.