Off

エンジニアという仕事の内容と目指し方について

by admin on 2015年5月27日

エンジニアという仕事とは

エンジニアという職業は良く耳にしますが、実際どのような仕事を行っているのでしょうか。エンジニアというのは簡単に言えば技術者です。何か技術に関わる仕事を行っている人をエンジニアと呼びます。特に製造業などで活躍していることが多く、エンジニアの仕事には機械工学、電気工学、情報工学など理系分野の知識が使われることが多々あります。そのため大学でこれらのような理系科目を専攻した人たちの進路としてエンジニアが多いです。

具体的な仕事内容について

では具体的なエンジニアの仕事内容とはどのようなものでしょうか。エンジニアと一言で言っても、その業務範囲は多岐に渡ります。まず代表的なのが製品の設計や開発を行うエンジニアで、製造フローにおいて上流に位置しています。次に設計図をもとに実際の製品を生み出す方法を考える生産技術を担当するエンジニアがおり、加工技術や製造コストなどをコントロールしています。他にはユーザーの技術サポートを行うサービスエンジニアという人達もいます。

エンジニアになるためには

エンジニアの仕事には少なからず数学、物理といった理系的知識が必要になってきます。そのため高校で理系を専攻し、大学で機械系や電気系を専攻すると将来エンジニアになり易いと言えます。他にはITエンジニアと呼ばれる職種もあり、こちらは情報工学を専攻すると良いでしょう。逆に文系出身者がメーカーのエンジニアになるのは少々ハードルが高いと言えるでしょう。ただし、ITエンジニアになる場合は情報応用技術者等の資格を取ったりすれば比較的文系出身でもなり易いと言えます。

施工管理技士は建築業界から建設業界にプラントまで様々な業界で活躍できますから転職などでも有利な資格です。

Comments are closed.